{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
tel03-5809-3009
LINE form

東山魁夷について


明治41年(1908)年7月8日~平成11(1999)年5月6日
本名は東山新吉(しんきち)。

横浜生まれ。近代日本画の代表的な画家のひとり。
東京美術学校日本画科在学中にドイツへ留学する。
ドイツ語で東西の美術史を学び、日本美術の本質的な特質とは何かを真剣に考えるようになる。
帰国後、家業の倒産危機、肉親の不幸、戦争による疎開、召集など多くの試練を受けた。
その後、戦後の急速な西洋文化の流入の中でも、日本的な素朴さと美しさを、伝統的な日本画の手法で描き続けた。
また、北欧やオーストリア、ドイツの旅からも多くの作品を生み出し、主に山や森、湖などの自然風景を清澄な色調で表現している。
昭和44年には文化勲章を受章し、名実ともに日本を代表する画家となる。
平成2年には、長野県信濃美術館に併設して、東山魁夷館が開館する。収蔵作品は960点に及ぶ。
また、平成17年には約半世紀を過ごした千葉県市川市に東山魁夷記念館がオープンする。代表作「道」の試作などが収蔵されている。
平成30年、「生誕110年東山魁夷展」が京都国立近代美術館と国立新美術館(東京)にて開催された。

東山魁夷 月映

作家名
作品名
額サイズ 縦67.0㎝×横84.0㎝
イメージサイズ 縦45.5㎝×横62.5㎝
額の状態 ほぼ良好(少し傷あり)
作品の状態 良好
技法 リトグラフ
備考 1999年制作・印あり
限定部数275部
オリジナル版画
額の交換はご相談ください
価格 ¥ 650,000 税込
LINE form

おすすめ商品

前へ
次へ